授業改善の取り組み 現状からの脱皮を学校挙げて取り組もう

次期教育課程の編成・実施に向けた取り組みにおいて、資質・能力の三つの柱をバランスよく育成するため何よりも求められるのが教師の授業力更新である。教えるための授業力から、子供の学びを創り出していく授業力が求められ、それを実現するため「授業改善」が新学習指導要領総則に位置付けられたことの認識が必要である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。