日本の子供の自己同一性 多様な力を総動員して向上を目指せ

本紙12月7日号の「深掘り教育ニュース」がOECD(経済協力開発機構)による「協同問題解決能力調査」の結果を分析した。調査結果は、日本の子供の「協同問題解決能力」は高いという内容だが、それについて本紙では、「違和感を拭い切ることができない」という表現をした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。