カリキュラム・マネジメントの意識 全教員が関わる姿勢で臨む

2018年が始まった。小・中学校では4月からの新学習指導要領の移行期間に向け、同要領の趣旨を受けた新しい教育課程の編成・実施を行うことが予想される。今回の改訂のキーワードの一つとして「社会に開かれた教育課程」がある。それを運営・管理するための「カリキュラム・マネジメント」がある。これらのキーワードを学校管理職はどう捉えているのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。