部活動に関する総合的なガイドラインの骨子案 長時間勤務の“凶”に歯止めがかかるか

これまでの働き方改革の流れを受け、スポーツ庁から1月16日、学校の運動部活動に関する、総合的なガイドラインの骨子案が示された。教員の過重な長時間勤務の元凶といわれる部活動に、同案が歯止めをかけられるか、が注目される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。