各教科などの「見方・考え方」 教育実践の中で生かす

新学習指導要領の特色の一つは、各教科などの特質に応じた「見方・考え方」が、それぞれ目標に示されたことだ。「見方・考え方」とは「各教科等の特質に応じた物事を捉える視点や考え方」(答申)とされており、学習において働かせるだけでなく、社会や生活の中で物事を捉え判断する際に重要な役割を果たすのを期待されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。