福井県議会の意見書 教育行政見直しの視点

福井県議会は昨年12月19日に「福井県の教育行政の抜本的な見直しを求める意見書」を可決した。同県の中学生の自殺問題について教員の指導が適切でなかったことが原因との調査結果を受け、教員の多忙化が子供たちに対する精神的なゆとりを失わせ、学力が日本一であり続けることが目的化し、本来の公教育のあるべき姿が見失われていないかどうか検証する必要があるとし、以下の点について教育行政の在り方を根本的に見直すよう求めている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。