全国体力テストの結果を読む 運動嫌いをなくす取り組みを

スポーツ庁は2月13日、2016年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果を発表した。50メートル走などの実技8種目の合計点の平均値は小・中学校とも女子が08年度の調査開始以来過去最高を記録し、さらに小学校女子が4年連続、中学校女子が3年連続の記録更新となった。一方で、小学校男子のソフトボール投げ、中学校男子の握力、ハンドボール投げの低下傾向が止まらない。1週間の総運動時間は中学校男女とも二極化がみられ、特に女子では「0分」の生徒が約15%もいて前年度よりも増加。その関係か、運動やスポーツが「嫌い」と答えた割合が14年度以降小・中学校男女とも増加し続けている。規則正しい生活をしたり、テレビ・ゲームなどを行う時間が少なかったりする子供と、そうでない子供との体力合計点の格差がみられる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。