高等学校新教育課程への移行 目指す資質・能力の視点で指導計画を

高等学校学習指導要領の改訂内容が明らかにされ、2022年度から年次進行で実施されることとなった。20・21年度の小・中学校における新教育課程の全面実施と併せて、2020年代の学校教育の基調が明確にされたといえる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。