「教育無償化」は税のムダ使いか 評価したい個別支援の政策

「教育無償化」問題の扱いを巡り、国会では、与野党間の対立状況が続いているが、この最中に、作家の橘玲氏による「教育無償化は税金のムダ使いだ」と題する提言(副題・「『子どものために』は偽善。教育関係者を利するだけ」)が文藝春秋3月特別号に掲載され、話題を呼んでいる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。