ユニセフの戦略計画 日本は「子供の保護」を参考に

全ての子供の権利、特に最も不利な立場にある子供たちの権利を実現することを目指し、世界190の国と地域で活動をしているユニセフ(国連児童基金)は2月20日、今年が初年度となる「ユニセフ戦略計画2018―2021年」を発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。