新任校長への期待 新たな視点で学校づくりを

3月末に多くの校長先生が長年のご尽力とご苦労の末退職された。校長を10年務めて退職された方が「この10年間、子供を白木の棺に入れて見送るようなことがなかったことが何よりだ」と語っていた。再任用で校長を続ける方もいようが、ここは一区切りとし、本当にお疲れさまでしたと感謝し、心からねぎらいを申し上げたい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。