義務教育の年限 新たな懸案問題で改革論議を

教育界は現在、「義務教育の年限」の問題、これに関連した義務教育制度の改善に対する関心が高まっている。2004年8月に当時の河村建夫文部科学大臣が提唱した、義務教育の改革案以来の高まりを見せていると言ってもよい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。