教頭・副校長への期待 働き方改革のモデルとなろう

 学校での教頭・副校長(以下「教頭等」)は最も多忙な人々であり、学校での長時間労働が問題となっている。その教頭等が、ぜひ、働き方改革のモデルとなってほしい。また、モデルとなるようにしなくてはならない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。