東京・足立区立中学校の性教育授業 実際の授業はどう受け止められたのか

東京都足立区立の中学校で行われた性教育の授業を巡り「学習指導要領を大きく逸脱した」との批判が起き、性教育に力を入れてきた教育現場が戸惑っている。発端は今年3月16日の都議会文教委員会。授業を問題視した自民党都議が「本来は、高校で取り扱う避妊や人工妊娠中絶に関する授業が中学校で行われたことは、生徒の発達段階を無視した指導で不適切だ」と取り上げたのがきっかけである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。