保護者の学校に対する期待 オール省庁で教育施策を考える時代へ

 ベネッセ教育総合研究所などによる共同調査「学校教育に対する保護者の意識調査2018」の結果が発表された。この調査は昨年、全国の公立の小学校2年生・5年生、中学校2年生の保護者7400人を対象に行った。04年、08年、13年にも同様の調査を実施、経年変化をみることが可能だ。調査項目は▽学校に対する満足度▽学校に望むこと・学校へのかかわり▽部活動の実態と保護者の意見(中2の保護者のみ)▽教育改革に対する意見▽教育に対する意識▽子供の将来に対する考え▽教育費――の7項目にわたっている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。