いじめ未然防止・早期発見 学校体制は具体的に機能しているか

6月も近くなり、各学校・学級の教育は教育課程に基づいて着実に進められ、各教科の授業は落ち着きある充実した取り組みを展開していることであろう。一方で、子供たちの中には新しい学級、教師、集団の人間関係にストレスを感じたり、家庭でのストレスや不満から、いじめに向かう動きが起きはじめる時期である。校内のいじめの未然防止や、早期発見・早期対応の教育・指導体制は機能しているだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。