神戸市教委のいじめ隠蔽 夏休み前に組織の振り返りを

2016年に兵庫県神戸市垂水区において、市内の中学校3年生だった女子生徒が自殺した問題で、神戸市教委の首席指導主事らが同級生らへの聞き取り調査のメモがあったにもかかわらず、当時の校長にメモの存在の隠蔽(いんぺい)を指示していたことが分かった。メモの存在について当時の雪村教育長には報告されていたが、雪村氏はこの4月に新たに就任した長田教育長には引き継ぎをしなかった。

神戸市といえば、1995年の阪神淡路大震災、97年の神戸児童連続殺傷事件を契機に、98年から多感な中学生への「心の教育」として中学校2年生による職場体験学習「トライやる・ウィーク」を現在まで積極的に推し進めてきた自治体である。全国から注目された同事業は視察団も多く訪れ、神戸市は受け入れ先として中核的な存在であった。当時の同市教委が作成した資料には、体験した生徒の感想文や、受け入れた事業所、生徒の保護者からの感謝の言葉が多数掲載されており、まさに子供の教育と市の復興を地域と学校、家庭が一体となって行っている情熱が感じられた。それがこの体たらくである。
教育委員会の隠蔽事案は数多く起きている。よく知られるのが、11年に滋賀県大津市で起きたいじめによる中学生の自殺である。市教委がいじめに関する調査結果等を市長に報告せず、市長から「教委には隠蔽体質がある」と糾弾され、これを受け国が「いじめ防止対策推進法」の策定、教委制度の改革を行う事態となった。

危機管理に怠慢で大きな事故を起こしやすい組織の特徴は、(1)「大したことにならないだろう」「よくあること」といった職場全体の危機意識の欠落(2)管理職の自己保身意識と部門内処理の横行(3)「何を言っても無駄」など問題を指摘しにくい職場風土――の3点だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。