猛威を振るう酷暑 熱中症に「WBGT」の活用を

酷暑が猛威を振るう中、子供の死亡事故が発生するなど、事態は深刻さを増している。国、地方自治体、学校はさまざまな防止策を検討・実行しているが、現在、注目されているものの一つに、環境省の「熱中症予防情報サイト『暑さ指数』の情報提供」事業がある。

この事業は、気候変動やヒートアイランド現象に伴う暑熱環境の悪化などによる熱中症患者の増加を未然に防止するため、2006年度から「環境省熱中症予防情報サイト」を設置。暑さ指数(WBGT)の予測値・実況値など、熱中症予防に有用な情報を提供している。

「暑さ指数」のWBGTとは、Wet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)の略称で、暑熱環境下の労働の指針としてISOなどで国際的に規格化されているものである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。