魅力ある学校づくり 「明日も行きたい」と思える場所に

8月末から9月初めにかけて、マスコミが子供たちの自死や不登校の対策、取り組みに関する報道を続けていた。自死も不登校も、この時期に最も多く発生しているからである。

当然、学校や教育委員会も手をこまねいているわけではなく、保護者と協力してさまざまな取り組みを進めている。だが、忘れてはならないのは、「魅力ある学校づくり」が基本・基盤にあるということだ。

「学校が大好きです。明日も行きたい。休みの日も行きたい」という小学校2年生の作文を目にしたことがある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。