防災教育の徹底 身を守る意識と能力の向上を

2012年3月31日に内閣府中央防災会議が発表した「新想定」で、高知県黒潮町は南海トラフ巨大地震による最大震度が7、最大津波高が34.4メートルと想定された。この数値は日本一厳しいものであり、マスコミに大きく取り上げられた。

その後の町を挙げた取り組みを、同町教委の畦地和也教育長が雑誌『教育展望』(教育調査研究所刊)の10月号特集「巨大地震に備える防災教育の視点」で報告している。目を引いたのが、町内の高齢女性の短歌だった。

〈大津波 来たらば共に 死んでやる 今日も息が言う足萎え吾に〉―高齢で足が悪い自分は津波が来ても逃げられないと言ったら、一緒に住む息子が、俺が一緒に死んでやるよと言った―という、新想定が出された直後の心情を歌ったものである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。