高校における学習評価 遅れを早急に立て直そう

 9月20日に開催された中教審分科会の「児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ」の会合において、新学習指導要領に対応した評価の在り方に関する論点が整理された。児童生徒との対話を取り入れた双方向的な評価の方法や形成的評価の実現など、これまでの教師からの一方向的な評価だけでなく、多様な評価を重視する考えが前面に打ち出されている。

 2016年12月の中教審答申などにおいても指摘されているように、今後の学習評価は結果のみならず、学習過程の評価や、教員の指導に生かすための評価も重要である。現行の学習指導要領(生きる力)の下でも、小・中学校の総合的な学習の時間をはじめ各教科の指導では形成的評価やポートフォリオを活用した個人内評価が盛んに行われ、成果も数多く紹介されている。しかし、小・中学校に比べ高校においては十分でないようだ。……

 先述の中教審答申によると、指導要録に観点別の学習状況を記録している学科は普通科で1.3%、専門学科で0.8%、総合学科で2.1%といった状況である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。