子供の睡眠時間を確保せよ 家庭と学校が連携し日常的な指導を

本紙連載の「子供の眠りが危ない」において、雨晴クリニック副医院長で睡眠専門医の坪田聡氏が、質・量共に低下傾向にある子供の睡眠状況を解説し警鐘を鳴らしている。坪田氏が指摘しているように日本人は宵っ張りの傾向にあり、睡眠時間も外国と比較して短い。睡眠不足は仕事に支障を来したり、心身の不調を招いたりと、大人であっても軽視できないが、こと子供となると及ぼす影響はさらに深刻らしい。

子供は大人よりも長い睡眠時間を必要とし、十分な睡眠がとれていないと、成長ホルモンの分泌や脳の発達、運動能力にも関係してくるというから、これはもう一生に関わる問題である。保護者や学校はもっとこの事態を真剣に受け止めるべきだろう。

小中学校の教育ではどのように扱うことになっているのか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。