成績を伸ばすために必要なこと OECD報告書と箕面市調査との符合

 OECD(経済協力開発機構)が10月23日に発表した報告書「教育における公平性:障壁を壊して社会的流動性を獲得する(Equity in Education: Breaking down barriers to social mobility)」は、恵まれた子供と恵まれない子供との成績の差が10歳の頃から始まり、学生生活を通じて拡大することを明らかにした。

 報告書は「学校の質と生徒の成績との相関」について示しており、社会経済的に恵まれた学校に通う生徒の方がPISAでよい成績を上げているとしている。特にその傾向が顕著なベルギー、ブルガリア、フランスなどの国では、学校の質の違いによって生徒の科学の点数に130点もの差が生じているという。

 一方、幸福(ウェル=ビーイング)が成績に及ぼす影響についても考察している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。