「過労死白書」が示す課題 もはや教員増の実現しかない

厚労省が10月30日に発表した「過労死等防止対策白書」によると、教職員の80.7%が「業務に関連するストレスや悩み」を抱え、その主な原因が「残業の多さ」であると分かった。教職員は過重労働が多く発生している重点業種の一つに挙げられ、全国の国公私立の小・中・高校、特別支援学校などに勤務する教職員を対象に行ったアンケート調査の結果(有効回答3万5640件)も報告された。勤務時間の状況や過重勤務の理由は、2016年度「教員勤務実態調査」と同じような内容であったが、ストレスに関する設問については、いくつか注目すべき結果が出ている。

業務に関連するストレスや悩みが「ある」と回答した者を職名別にみると、「副校長・教頭」(83.2%)が最も多く、次いで「教諭(指導教諭含む)」(83.1%)、「主幹教諭」(82.7%)が続く。ストレスや悩みの内容は「長時間勤務の多さ」(43.4%)、「職場の人間関係」(40.2%)、「保護者・PTA等への対応」(38.3%)、「学校や児童・生徒を取り巻く環境」(31.1%)、「休日・休暇の少なさ」(28.6%)が上位を占めた。

ストレスで体調を崩したり、精神的に追い詰められ精神疾患を発症したりする教職員は後を絶たない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。