いじめ・不登校の発生数増加 根源的な理由や背景を探れ

文科省が10月25日に公表した2017年度「問題行動調査」では、暴力行為、いじめ、不登校などいずれも数値の増加がみられた。中でもいじめの認知件数の急増は目につくが、それぞれの詳しい状況を確認しておく。

暴力行為の発生件数(小・中・高校)は6万3325件で、前年度より3881件増加。児童生徒1千人当たりの発生件数は4.8人となっており、前年度より0.4人増加している。気になるのは小学生が校内で起こす暴力行為の急増ぶりだ。中学校、高校が減少傾向にあるのに対して、小学校は15年度以降年5千件ペースで増えており、17年度は2万6864件でほぼ中学校の件数(2万7389件)に並んだ。

いじめの認知件数(小・中・高校・特別支援学校)は過去最多の41万4378件で、前年度より9万1235件の増加となった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。