いじめ防止はなぜ後手に 全校体制に向け学校経営の点検を

 今年も残すところ1カ月余りとなり、1年を振り返る季節がやってきた。教育界では今年もいじめによる子供の自殺が後を絶たず、やりきれない思いが残る。

 8月、東京・八王子市の中学2年の女子生徒が電車に飛び込み、翌月死亡した。部活動を巡るトラブルからいじめに発展、生徒は不登校となり、その後転校したものの不登校は続き、ついには自殺に及んだ。第三者委による調査はこれからだが、市教委はいじめがあったと認めている。

 昨年は埼玉・川口市の中学3年の男子中学生がいじめを苦に3度目の自殺を図り、結果車いす生活を余儀なくされた事案があった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。