「〇〇教育」の見直し カリキュラム・マネジメントの視点で

 小・中各学校では新学習指導要領の全面実施に向けた移行措置を進めながら、学校評価の総括的な実施を進めている。その中核となる教育課程評価を行う際に、いわゆる「〇〇教育」のこれまでの取り組みの評価と改善を確実に行うよう求めたい。

 道徳教育、体育・健康教育、各教科を除く「〇〇教育」は多く存在する。耳慣れたものだけでも、人権教育、環境教育、国際理解教育、情報教育、福祉教育……と枚挙にいとまがない。

 「〇〇教育」で取り上げる内容は、いずれも今日の社会課題の解決に向けた重要なテーマであり、学校においてもその目的の実現、課題の解決に向けた内容を取り上げ取り組むことが求められた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。