観点別評価の3観点 学力向上や学習指導改善に資する方向性を

12月3日に開催された中教審初等中等教育分科会などの合同会議で、児童生徒の学習評価の在り方についての論点整理案が出され、新学習指導要領における学習評価の方向性が示された。

注目すべき観点別評価については、新学習指導要領で重視されている資質・能力の三つの柱に基づき、「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の3観点について、現行どおりA、B、Cの3段階で示すこととしている。

「知識・技能」については、個別の知識・技能の習得状況とともに、それらを他の学習や生活場面で活用できる程度に概念を理解したり、技能を習得したりできているかを評価する。子供が単なる詰め込み式の知識ではなく、生きて働く知識・技能を習得しているかを確実に評価するよう求めている。

具体的には、ペーパーテストで事実的な知識の習得を問う問題と知識の概念的な理解を問う問題とのバランスに配慮する、児童生徒が文章による説明をする場面を設ける、などの例を挙げ、アクティブ・ラーニングの取り組みを通した知識・技能の習得と一体化した評価の在り方を示している。

「思考・判断・表現」では、各教科の知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力を身に付けているかを評価する。

ペーパーテストだけでなく、作品の制作や表現などのパフォーマンス評価を取り入れたり、ポートフォリオを活用したりする評価方法を例示している。この観点については従来と大きく変わるところはないが、思考力・判断力・表現力の学力が向上していない点を考慮すると、評価方法をより充実させていく必要がある。

「主体的に学習に取り組む態度」では、生涯にわたり学習する基盤を培う視点を持つことを重視する。

単に継続的な行動や積極的な発言など性格・行動面の傾向を評価するのではなく、試行錯誤しながら学習を進めるといった「学ぼうとする意思」の側面から評価することが重要としている。

「主体的―」の評価は現行の「関心・意欲・態度」の観点と同じ趣旨だが、これまで挙手の回数やノートの取り方などの形式的な部分と取り違えやすい問題点が指摘されてきた。

今回の論点整理案では評価のポイントとして二つの側面を示している。①知識・技能を獲得したり、思考力・判断力・表現力を身に付けたりすることに向け粘り強い取り組みをしようとする側面②①の取り組みの中で、自らの学習を調整しようとする側面――である。この二つの側面をもって評価するものとし、①が十分に認められても、②が認められない場合は、十分満足できる(A)とは評価されないとしている。

趣旨としては理解できるが、実際に授業中に評価を行う立場からすると難しい。特に小学校では①を子供のよさや頑張りとして、教師がしっかりと認めほめること、すなわち学習への興味・関心や学習意欲の向上を大切にしている。そうした子がAをもらうことで、励みになりさらに高みを目指すケースはよくある。②が認められないからといって、その子供の努力や工夫を切り捨ててよいのか。現場が納得できる説明が必要だろう。

学習評価の結論は年内に出る見込みだという。十分に議論を尽くして、教員が混乱しない評価方法が示されるよう期待したい。