観点別評価の3観点 学力向上や学習指導改善に資する方向性を

12月3日に開催された中教審初等中等教育分科会などの合同会議で、児童生徒の学習評価の在り方についての論点整理案が出され、新学習指導要領における学習評価の方向性が示された。

注目すべき観点別評価については、新学習指導要領で重視されている資質・能力の三つの柱に基づき、「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の3観点について、現行どおりA、B、Cの3段階で示すこととしている。

「知識・技能」については、個別の知識・技能の習得状況とともに、それらを他の学習や生活場面で活用できる程度に概念を理解したり、技能を習得したりできているかを評価する。……