高校の道徳教育 人間理解や洞察力涵養を

高校学習指導要領の改訂に向けた審議が進められ、道徳教育に関連する教科の公民科については、新科目「公共」(仮称)の検討が行われている。昨年8月の中教審教育課程企画特別部会の「論点整理」によると、「主体的な社会参画に必要な力を、人間としての在り方生き方の考察と関わらせながら実践的に育む科目」としている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。