フリースクール等の位置付け 教委・学校・民間との連携生かして

文科省は4月11日、「フリースクール等に関する検討会議」(座長・永井順國政策研究大学院大学客員教授)の第9回会合を開き、審議経過報告の取りまとめに向けた議論を展開した。同会議は、昨年1月の初会合以来、各方面からヒアリングを重ねるなど、丁寧に審議を進めてきた経緯があり、今後とも慎重な審議を重ね、来年3月の最終報告に漕ぎ着けたい考えだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。