2018年度教育課程の編成 PDCAサイクルの確立を目指す

今年度の学校評価が終了し、中核となる2018年度の教育課程の編成も終え、そろそろ教育委員会に届け出るころであろう。そこで改めて確認してほしいことがある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。