eye-catch_1024-768_takashina-challenge教育創造研究センター所長 髙階玲治

〇全国公立教頭会の働き方改革への提案
学校の働き方改革が多様に論じられている。中教審の「中間まとめ」は教師の負担軽減のためにさまざまな提案を行っているだけでなく、スポーツ庁が中・高校の部活動の改善方策を提案しており、今後そうした動きは確実に学校に浸透していくであろう。 しかし、学校の働き方改革は部活動のみではない。学校の在り方そのものに関わる重要な課題が山積していて、中教審の特別部会は極めて難しい課題解決を迫られている。 今回、その顕著な課題の一つとして浮かび上がったのが、全国公立学校教頭会(全公教)の動きである。……

OECD(経済協力開発機構)は6月11日、「教員採用の自由度を高めることで、恵まれない地域の教員不足を解消できる」とするPISA(生徒の学習到達度調査)の報告書「有効な教員政策:PISAからの知見(Effective Teacher Policies: Insights from PISA)」を発表した。 この中で注目されるのは、多くの学校長は質の高い教員の不在が、恵まれない環境から抜け出したり、学習成果を改善したりする上で障害になると警告している点だ。ほとんどの国々で、問題の多い学校には、小規模学級を導入したり、教員1人当たりの生徒数を減らしたりする措置をとっていたが、3分の1以上の国々の最も恵まれない環境にある学校の教員は、最も恵まれた学校の教員と比べて質が低いか、経験が浅いかのいずれかだ。 高い実績を上げている国々の教員政策には、三つの共通の特徴があるという。……

元東京都日野市立小学校長 京極澄子

学級を落ち着いた居心地のよい安心できる場所にするために五つの視点で環境を整えました。これは、「状況理解の悪さ」「見通しのなさへの不安」「関心のムラ」「不注意・多動」「二次障害」などの困難さにつながる子供の特性に対応したものです。学級環境を整えることは授業への参加を支える基盤といえます。 (1)場の構造化 教室では、迷わせたり、イライラさせたり、トラブルになったりしないように、見れば分かるようにします。清掃用具、提出物、ボールやごみ箱、子供の持ち物など全ての物の置き場を決めて整頓します。 (2)刺激量の調整 耳や目から入る情報に敏感な子は刺激量が多いと、疲れて集中を切らします。……

eye-catch_1024-768_takashina-challenge教育創造研究センター所長 髙階玲治

新指導要領の理解・徹底は十分か
〇新指導要領の「理解」のさらなる促進を
すでに新学習指導要領の移行期が始まっているが、新しい教育への理解はどうであろうか。試みに次の「問い」を考えてみてほしい。 (1)「主体的・対話的で深い学び」が言われていますが、どうすれば「深い学び」と言えますか。 (2)学力の三つの柱の一つが「学びに向かう力」です。どのような「力」と言えますか。……

「まさか、こんなことは起きるまいと思った時、その『まさか』が起きる。安全管理に完全はない。想像力を持ち、訓練を通して常に見直して行かねばならない」 これは、2001年に発生した大阪教育大学付属池田小学校殺傷事件当時の副校長・矢野克巳氏が、今年3月の退職時に新聞取材に応じたものである(読売新聞、3月31日付)。多くの児童、教師が犠牲になった前代未聞の痛ましい事件であった。それからはや17年。当時、事件直後の混乱した校内の様子が繰り返し報道され、「何が起きたのか」という驚きを持って見ていたことが脳裏に鮮明に残っている。事件から学ぶべきことは伝わっているだろうか。 矢野氏が語った中からいくつかを拾ってみる(一部要約)。……

eye-catch_1024-768_takashina-performance教育創造研究センター所長 髙階玲治

『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)』誌に連載されていた入山章栄准教授(早稲田大学ビジネススクール)の『世界標準の経営理論』が5月号で終わった。入山准教授は先進的な経営理論を極めて多岐にわたって収集・分析し、紹介する気鋭の経営学者である。『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社、2015)の著書もある。その連載の最終に当たって「経営理論こそが、あなたの思考を解放する」と述べている。 実のところ、私は経営理論は企業に役立つのか、と疑問に思っていた。もしも、優れた経営理論があったとしたら、企業に倒産などはなくなるはずである。しかし、実態は名の知れた大企業でも、黒字を生み出すために悪戦苦闘している。また、中小企業や商店経営等の消長は激しいものがある。 入山准教授も絶対的な経営理論はない、という。……

立命館大学教授 湯浅俊彦

日本体育大学柏高校では2016年2月よりトライアル、4月より契約による電子図書館サービス「LibrariE」を導入し、電子図書館「Nittaidai Kashiwa Digital Library」として電子書籍を提供することにより、生徒の学びに直結するさまざまな取り組みを行っています。… 筆者は、学校図書館における電子図書館サービス導入実態調査のために同校を訪問し、沖田綾子司書から電子図書館の利用状況、授業との連携、図書館活用の変化について詳しく話を聞くことができました。 同校の17年度の生徒数は1400人弱。……

メンタルトレーナー 加藤 史子

機嫌がいいときと悪いとき、どのような影響をもたらしているのか考えたことはあるでしょうか。 もしも先生の機嫌が悪いとしたら、児童生徒にどのような影響を及ぼすでしょうか。ピリピリした空気の中、先生の顔色をうかがい、本来集中すべきことにも集中できなくなり、結果を出すことが難しくなります。先生の機嫌がよければ、生徒は安心して集中できるので、結果を出せるようになります。 機嫌がいいと、人間関係が良くなります。仕事がはかどり、成果を出しやすくなります。……

6月18日朝に発生した大阪府北部地震で、同府高槻市立寿栄小学校の女子児童が、倒壊したプールのブロック塀にはさまれて死亡した事故を巡り、過去に校長が市教委に対し、ブロック塀の危険性を報告していたことが分かった。林芳正文科相は6月22日の記者会見で「事実関係や経緯をよく確認したい」と述べた。 寿栄小の田中良美校長が事故の起きたブロック塀の危険性を市教委に報告したのは2016年2月頃。……

政府は6月22日、登下校時の安全確保に関する関係閣僚会議を開催し「登下校防犯プラン」を決定した。全国の小学校の通学路を9月末までに緊急点検し、危険な場所の洗い出しと重点的な見守りなどの再発防止策につなげる。 会議では、防犯ボランティアの高齢化や担い手不足により、不審者が身を潜めやすい場所や児童が一人になる「見守りの空白地帯」が生じると指摘。……

公式SNS

15,697ファンいいね