文科省は3月30日、「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」を作成した。小学校のプログラミング教育必修化を受け、基本的な考え方や各教科の内容を踏まえた指導例、企業・団体、地域との連携例などを解説。プログラミング教育に対する教員の不安解消を図る。

「評価」という言葉に対して、みなさんはどのようなイメージを持っていますか。重苦しく、できれば避けたいというイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。これまで行われてきた評価が、成績付けとしての「評定(grading)」や、選抜や優劣を付ける「エバリュエーション(evaluation)」としての役割が強く、いつの間にか、手段であるはずの評価が目的化してしまい、「いい点」を取るための勉強が表に出過ぎてしまったのだと思います。

上越教育大学教職大学院教授 西川純

普通の子供のアクティブ・ラーニング
前回は、トップ大学に進学する子供のアクティブ・ラーニング(主体的・対話的で深い学び)を紹介しました。しかし、そのような子供は最大に見積もっても数パーセントです。では、圧倒的大多数の子供にとってアクティブ・ラーニングは無関係なのでしょうか。いえ、違います。大多数の子供にとって「生き死に」のレベルで重要なことです。 日本では、終身雇用が一般的ですが、そのような雇用慣習があるのは日本だけです。いや、日本も1954年からの神武景気以前は終身雇用ではありませんでした。 神武景気以降60年間、日本は基本的に好景気でした。……

eye-catch_1024-768_tukada-miyazawa
テーマ
学校では夏休みを利用して夏季施設を開設します。主なものを挙げ、その意義や留意点について考えを述べてください。
○回答
◯夏季施設の主たるものは臨海学校と林間学校です。臨海学校は海が学習の場であることから参加者一人一人がきまりを守り安全に過ごす、海という大自然の懐で健康な心身をつくる、集団行動を通して規律、協同、友愛、奉仕の精神を養う、臨海学校の体験を通じて仲間との絆を強め思い出をつくるなどが意義(目的)であり留意点であるとも考えます。 また、林間学校の意義(目的)は大自然に親しみ、心を豊かにすることだと考えます。……

EdTechを活用した新たな教育プログラムの開発を推し進める「『未来の教室』実証事業」のキックオフイベントが7月26日、経産省内で開かれ、事業の採択が決まった学研プラスやZ会、N高校を運営する角川ドワンゴ学園などの事業者が紹介された。イベントには学校と連携し先進的なプログラムを実施する民間企業やNPO法人など28団体が参加。同省の浅野大介商務・サービスグループ教育産業室長は「未来の教室が打ち出す学びは、学習者の意欲やワクワクした気持ちを中心に発展する。国内だけでなく、海外も視野に入れて展開していきたい」と訴えた。 経産省は6月に公表したEdTechを用いた学習プログラムの開発を盛り込んだ「『未来の教室』とEdTech研究会 第1次提言」を踏まえ、学校とタッグを組んで実証事業を展開する事業者を募集していた。……

広島県呉市立音戸小学校(高橋智子校長、全校児童数130人)で1月9日、牡蠣(カキ)の字を毛筆で書く「牡蠣初め式」が行われた。カキの生産量が全国1位を誇る同県では、カキに対する知識や愛着を深めさせようと、例文が全てカキにちなんだ「広島牡蠣とり帳」を制作。子供たちは、冬休みに練習した牡蠣の漢字の書き取り成果を披露した。

 東京都八王子市は、市制100周年と太平洋戦争の終戦記念日を踏まえ、第31回平和展を8月15日まで、同市内の学園都市センターなど3会場で開いている。

みんなで声を掛け合い、ダンスを楽しむ――。(一社)ダンス教育振興連盟JDACは3月27日、ダンス指導研修会を東京都豊島区のみらい館大明で開催した。ダンスの指導に関わる教員やインストラクター、学生など100人ほどが参加。学習指導要領の「創作・フォーク・現代的なリズム」の3分野のダンスの基本や理論のほか、生徒とのコミュニケーションの取り方や指導方法、安全対策などについて、体を動かしながら学び、理解を深めた。

4月1日、馳浩文科相の閣議後会見での発言を受けて教科書課の望月禎課長は、教科書検定期間中に不適切な行為が発覚した場合、教委が採択のやり直しができるよう省令を改正する方針でいると説明した。平成29年度から採択が行われる小学校用道徳教科書から適用したい考えだ。

次期学習指導要領を検討している文科省の小学校部会は6月23日、小学校5年生から教科化される外国語や国語などの在り方について議論をまとめた。

公式SNS

16,279ファンいいね