教員の指導力に課題 小学校外国語活動で調査

(公財)日本英語検定協会英語教育研究センターが発表した「平成27年度小学校の外国語活動及び英語活動等に関する現状調査」の結果によれば、外国語活動の実施により、児童の外国語や異文化理解に向上が見られた。その一方、教員の指導力や指導内容・方法、ALTとの連携などの課題も明らかとなった。また学習ツールとしてタブレット端末に期待が寄せられていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。