【連載】ESDの魅力 その9 SDGsの実現を目指そう

これまで「どのように」「何を」から始めるESDが目立っていた。だから、何をやって、どんな出来栄えだったかが評価されてきた。それではこれまでの教育と何も変わらない。持続不可能な状況を抜け出し、希望と期待に満ちた持続可能な未来のための教育を創造しようとしていたはずである。ESDで深い次元での変容をもたらすためには、一刻も早く「どのように」「何を」から始まるESDに囚われず、「なぜ」から始まるESDへの転換が必要である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。