過去最高の5801作品の応募 「『住みよい地球』全国小学生作文コンクール2016」は、岩谷産業株式会社が主催し、今年度7回目の実施となる。同コンクールには文部科学省、環境省、全国連合小学校長会、全国市町村教育委員会連合会などが後援し、教育新聞が協力したもの。日本国内だけでなく、アメリカ・フランス・中国など海外日本人学校も含め、704校の小学生から過去最多となる5801作品の応募があった。 「ガス&エネルギー」を事業の中核として、環境と深いかかわりを持つ岩谷産業が主催する同コンクールは、作文を通して、子どもたちに地球環境を考えてもらう契機となることを目的としている。同社は「住みよい地球がイワタニの願いです」を企業スローガンに掲げており、作文のテーマもここから設定されている。 入賞者にはそれぞれ表彰状や賞品が贈られたが、特に最優秀賞、学校奨励賞は、主催者が学校を訪問して授与式を実施した。 最優秀賞 小学校低学年の部 千葉市立桜木小学校 3年 大住煌華さん タイトル:開さい!かんきょうオリンピック 授与式は、1月6日に主催者を代表して岩谷産業株式会社内藤学広報部部長が同校を訪問して行なわれた。表彰盾と副賞図書カード5万円を受け取った大住さんは「また入賞するとは思っていなかった。賞をもらえてとてもうれしいです」と喜びを話した。 大住さんは1年生のときにも同賞を受賞し、今回2度目。受賞作品は、地球環境をよくするための方法として、地球上に住む人全員が参加する「かんきょうオリンピック」を開催し、地球環境をよくするための活動を競うというもの。みんなが参加してくれれば、きっと「地球が全員に金メダルをくれると思います」と結んでいるところも、最終審査会で高く評価された。 小学校高学年の部 三重県いなべ市立立田小学校 5年 松下実穂さん タイトル:ホタルの光をいつまでも 授与式は、昨年12月20日、主催者代表が同校を訪問し、5、6年生11人の集会で行われた。 松下さんは、「1年生のときに山村留学してきましたが、地域の人たちや仲間とともに蛍の飼育にがんばってきました。今回最優秀賞になったことで、立田小学校の取り組みを全国に知ってもらえることがうれしいです」と話した。同校は今年度で廃校になる。 担当の伊藤圭吾教諭は「ホタルの取り組みを開始して今年で23年目。最終年度に学校の取り組みや子どもの頑張りをこのように評価していただき、大変光栄に感じております。実穂さん自身、毎日の飼育・観察をコツコツと行い、夜の幼虫上陸調査、飛翔調査などにも意欲的に取り組んでいました。その頑張る姿がこの作品にも表れていたのでしょう」と話した。 学校奨励賞 優秀な作品を多数応募した小学校に奨励の意味で贈られる学校奨励賞。受賞したのは、大垣市立中川小学校、新潟市立荻川小学校、釜石市立甲子小学校の3校。表彰式は、主催者が受賞校を訪問して行われた。 岐阜県大垣市立中川小学校 43作品の応募が受賞につながった大垣市立中川小学校の表彰式は、昨年12月21日に全校児童が集まる朝礼の時間を利用して行われた。担当の大江富美子教諭は「私たちの住んでいる大垣市内の小・中学校では、「ふるさと大垣科」という教科があり、月1回土曜日に大垣市の自然や環境について学んでいます。この作文コンクールに応募することでさらにふるさとについて考え、ふるさとを愛する心が育ったことと思います」と話した。 新潟市立荻川小学校 新潟市立荻川小学校の表彰式は2月1日、全校児童が集まる体育館で行われ、主催者を代表して同校を訪問した岩谷産業株式会社執行役員長谷川宏明広報部長から直接、表彰盾と副賞の図書20冊目録が授与された。94作品の応募が高く評価された同校の受賞について、審査委員会では、「一人ひとりの児童が自分なりの問題意識を持って書いています。特に女子の意識が高いと感じました。先生方のていねいなご指導のあとがうかがわれます」と、学校としての指導が高く評価された。 岩手県釜石市立甲子小学校 釜石市立甲子小学校の表彰式は、2月7日に主催者が同校を訪問して、全校児童が集まる朝礼で行われ、代表児童に表彰盾と副賞図書カード3万円が手渡された。同校から応募された6年生の44作品について、担当の菊池亜季教諭は「夏休みの課題として、条件作文のかたちをとって取り組みました。岩手・釜石の自然に注目した子、自分の体験をもとに書いた子、それぞれの視点から作文にまとめました。そして2学期に入ってから再度自分の作文を見直して、あらためて清書して応募しました」と話した。 最終審査会 1次審査・2次審査を経てノミネートされた作品から、最終的に各賞を決定する最終審査会は、昨年10月24日、岩谷産業株式会社東京本社(東京都港区)で行われた。審査委員長の茅陽一東京大学名誉教授は講評の中で、「『住みよい地球』はかなり一般的なテーマなので、いろいろな種類の作品があった。低学年・高学年とも、その学年にふさわしいまとめかたをしていることが審査員の重要な評価基準になったと思う」と述べた。 【問い合わせ先】「住みよい地球」全国小学生作文コンクール事務局(プラスエム内)         TEL:03-5541-7080 E-Mail:sakubun@plus-m.co.jp 「水素エネルギー教室」で水素に感動 岩谷産業株式会社では、表彰式と併せて三重県いなべ市立立田小学校と岐阜県大垣市立中川小学校で「水素エネルギー教室」と「燃料電池自動車試乗」を実施した。 水素エネルギー教室では、地球温暖化をテーマにした講義に続いて環境にやさしい水素の特徴を学び、そのあと子どもたちにキットが配られ、電気分解によって水から水素と酸素を取り出す実験を通して、燃料電池の仕組みを学んだ。 燃料電池自動車試乗では、地球環境にやさしい燃料電池車の説明を受けた後、水素を燃料とした自動車「ミライ」に試乗し、排気ガスを出さずに水がぽたぽた垂れている状態を全員が確かめた。 「水素エネルギー教室」は新潟県新潟市立荻川小学校と岩手県釜石市立甲子小学校でも行われた。

60年以上続く「つぼ焼き」焼き芋を守るおじいちゃんに感謝――。埼玉県川越市立霞ケ関西小学校(太田康子校長、児童数577人)4年生の水村心菜さんは、大好きな祖父が焼く焼き芋のおいしさとお礼を手紙につづった。

(公財)教科書研究センター主催 (公財)教科書研究センターは、創立40周年を記念して、小・中学生を対象に「『わたしと教科書』作文コンクール」(後援・文科省 協賛・(一社)教科書協会、(一社)全国教科書供給協会、(株)教育新聞社(特別協力)、(株)日本教育新聞社)を主催。国内外から1508作品の応募があり、最優秀作(2作品)、優秀作(4作品)、秀作(8作品)、佳作(20作品)の入選者が決定した。 秀作以上の入選者は3月初旬に開催される授賞式で表彰される(詳細は本人または学校宛てに連絡)。佳作入選者は3月中旬に本人または学校宛てに賞状と副賞が送付される。 入選者は次の通り(入選者名は作品に表記されているものを記載)。 【小学校の部】 ◎最優秀作・文部科学大臣賞=なか山ちかほさん(神奈川県横浜雙葉小学校1年生) ◎優秀作・教科書研究センター賞=曽我綸さん(大阪府大阪市立聖賢小学校4年生)/フノチアゴさん(愛知県知立市立知立東小学校6年生) ◎秀作・教科書協会賞)=天羽悠月さん(兵庫県神戸市立玉津第一小学校6年生)/全国教科書供給協会賞=種井さくらさん(愛知県名古屋市立豊岡小学校3年生)/教育新聞社賞=田村早樹子さん(愛知県名古屋市立鶴舞小学校4年生)/日本教育新聞社賞=富山菜津美さん(埼玉県川口市立中居小学校4年生) ◎佳作=西山えみりさん(プリンストン日本語学校5年生・アメリカ)/原梨紗子さん(東京都世田谷区立代沢小学校2年生)/千島朋子さん(東京都葛飾区立葛飾小学校6年生)/若林はなさん(東京都台東区立大正小学校5年生)/服部紗奈さん(愛知県名古屋市立豊岡小学校2年生)/森わかなさん(奈良県奈良市立鶴舞小学校2年生)/いぬかいげんきさん(神奈川県川崎市立西生田小学校1年生)/阿部麻里奈さん(東京都世田谷区立烏山北小学校6年生)/大岩歌鈴さん(兵庫県尼崎市立立花西小学校6年生)/とがしごうきさん(宮城県聖ドミニコ学院小学校1年生) 【中学校の部】 ◎最優秀作・文部科学大臣賞)=井崎英里さん(宮城県仙台二華中学校1年生) ◎優秀作・教科書研究センター賞=今泉光翔さん(埼玉県本庄東高校附属中学校2年生)、山佑月さん(佐賀県武雄市立武雄中学校2年生) ◎秀作・教科書協会賞=服部真奈さん(愛知県名古屋市立萩山中学校1年生)/全国教科書供給協会賞=光田圭佑さん(山口県防府市立右田中学校3年生)/教育新聞社賞=石黒楓子さん(山梨県北杜市立甲陵中学校3年生)/日本教育新聞社賞=桐山いおりさん(岐阜県垂井町立不破中学校2年生) ◎佳作=遠藤花実さん(福井県福井市大東中学校1年生)/宍戸葵さん(福島県東日本国際大学附属昌平中学校2年生)/小川万裕さん(埼玉県開智中学校3年生)/豊福鈴穂さん(福岡県北九州市立守恒中学校1年生)/榊原菜々子さん(愛知県椙山女学園中学校1年生)/和田健さん(熊本県熊本市立湖東中学校2年生)/千葉月美さん(千葉県柏市立柏中学校1年生)/小野田萌希さん(静岡県静岡市立安東中学校3年生)/宮下開さん(東京都板橋区立赤塚第二中学校1年生)/上阪千春さん(大阪府堺市立五箇荘中学校1年生)

秋田県湯沢市、羽後町、東成瀬村は2月22日午後4時から5時半まで、東京駅に隣接するJPタワーKITTEで、「学校教育の革新~探究型授業×アクティブラーニング」と題したトークセッションを開く。 同日に同所で開催される「みらいのまちデザイン展」の一環。 東成瀬村教委の鶴飼孝教育長、羽後町立羽後中学校の木口秀一校長、工学院大学附属中学校・高校の高橋一也教諭が登壇。全国学力調査結果でトップクラスを持続している同県の教育現場について語り合う。 高橋教諭は、湯沢市出身。昨年2月、教育界のノーベル賞といわれる「グローバル・ティーチャー賞」ファイナリストトップ10に、日本人で初めて選ばれた実績を持つ。 参加費は無料。 申し込みや問い合わせなどは(株)パソナ/TEL03(6734)1121。

第4回国際多読教育学会が8月4日から7日まで、東京都文京区の東洋学園大学本郷キャンパスで開催される。テーマは「さらなる進歩への道」。日本多読学会と全国語学教育学会JALT ER SIGが共催する。

日本製紙連合会(馬城文雄会長)主催の第13回手づくり絵はがきコンクールで、学校給食の牛乳パックから手づくり絵はがきを作った静岡県富士市立青葉台小学校が、団体の部の最優秀賞に選ばれた。個人の部の最優秀賞には、徳島県吉野川市立鴨島小学校3年生の上藤幸歩さん(作品名「ゴーヤの王様」)が選ばれ、両校でこのほど表彰式が開かれた。

小・中学校などに向けた、ICTを活用した音楽教育ソリューション「Smart Education System」の提供が始まる。ヤマハ(株)によるもので、第1弾は、Windowsパソコン・タブレット端末用の、楽曲づくりを学べるデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版」。2月7日に発売する。また楽器に特化した「ギター授業」と「箏授業」を、3月上旬から提供していく。音楽の授業をアクティブ・ラーニング(AL)で展開できる。

2月26日午後1時半から4時半まで、「国際理解教育/開発教育実践報告会2017」として、公開セミナー「世界潮流から考える日本の教育のミライ」が開催される。(独)国際協力機構JICA地球ひろばが主催し、会場は、東京都新宿区のJICA地球ひろば。

第21回公募書學会展が昨年12月13日から20日まで、東京都台東区の東京都美術館で開催された。教育新聞社などが後援した。

入選作品決まる みそ健康づくり委員会が刊行する小学校家庭科副読本「調べてみよう!食べてみよう!おみそ」の第24回作文・新聞コンクールの入賞作品を決める審査会が、昨年12月19日、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷で開かれた。 作文部門は応募作品約1200点の中から、文部科学大臣賞が東京学芸大学附属世田谷小学校の立見理彩子さん(6年生)に贈られたほか、最優秀賞は、埼玉県春日部市立宮川小学校の畑栄美里さん(6年生)ら4人に、優秀賞は、広島県海田町立海田南小学校の松尾漆乃さん(5年生)ら6人に、佳作は、西大和学園カリフォルニア校の阿部璃大さん(5年生)ら7人に贈られた。 また新聞部門は、応募作品約1700点の中から、みそ健康づくり委員会委員長賞が千葉市立幕張南小学校の向後伸彦さん(5年生)に、優秀賞が広島県海田町立海田南小学校の石原光莉さん(5年生)ら10人に贈られた。 学習指導要領に基づく小学校家庭科の調理実習では、みそ汁の調理が行われるが、「伝統食、優れた健康食としてのみそについてより一層認識を深めてもらおう」と、みそ健康づくり委員会が副読本「調べてみよう!食べてみよう!おみそ」(監修櫻井純子元文部省主任視学官、山本泰(一社)中央味噌研究所理事)を過去24年間刊行。平成28年度は、全国の小学校を対象に約33万部を無料配布した。 今回の作品について監修者の櫻井氏は、「子供たちが感じた疑問を調べ、作文・新聞で表現することで思考や理解を深める様子が伝わってきた。みそを使った郷土料理など、地域の食文化に着目した作品も印象に残った」と述べている。 ◇ 《文部科学大臣賞受賞作品》 郷土料理と理彩子のおみそ 東京学芸大学附属世田谷小学校 六年 立見理彩子   この夏、前から作りたかった、四十七都道府県の郷土料理全てを作ることに挑戦した。毎日作り、ノートに写真を貼って、感想を書いていった。私は作っていくうちに、大発見をした。いくつもの料理で、みそが使われていたのだ。 郷土料理にはそれぞれの都道府県の特産品が多くて、スーパーで買えず、アンテナショップに行って買ったものもあった。みそも、地方ごとに種類があった。料理はお母さんに手伝ってもらって、教えてもらいながら作った。 「みそをいれるのは、一番最後がいいよ。」 長く入れていると、風味がとんでしまうらしい。私は、毎日作り続けた。そのうちみそのことをもっと知りたくなり、みその講習会に家族で出かけた。胸がわくわくする。まず、米・麦・豆みその三種類を食べ比べた。 豆みそは、格段に色が濃い。食べているうちに、豆のこくが出てきた。また熟成期間によって、みその色が違う。 米みその熟成0か月は、麦みそみたいな黄土色。熟成六か月は、豆みそのようにとても濃い。味もそうだ。六か月のみそは、口に入れた瞬間から水が欲しくなるほどしょっぱい。みんなは四か月のみそがおいしいと言っていたが、私は二か月のみそが気に入った。味がうすめで、甘味がある。 帰りにみそ手作りセットを買い、家で作った。まずは、ゆでた大豆をすり鉢でつぶす。次に米こうじと塩を入れ、手でよく混ぜる。発酵を助けるため、種みそもたす。二十分後、容器に移した。あとは、熟成を待つだけ。わくわくして、私はラベルに「理彩子の味~何にでも合います~魚に!おみそ汁に!」と書いた。 夏休みの間、冷や汁や朴葉みそ、飛鳥鍋など、他にもたくさんのみそを使った料理を作り、家族も大喜びで食べてくれた。冷や汁は麦みそ、朴葉みそは信州みそ、飛鳥鍋は白みそで作り、色々な種類のみそを味わうことができた。日本全国には、まだたくさんのみそがある。私はそのみそをいつか全部食べて、みそのまだ見ぬ世界の扉を開けたい。この夏は私にとって、忘れられない夏になった。 今日も、熱々のごはんとみそ汁が食卓に並ぶ。早く理彩子特製みそで作った料理を、みんなにごちそうしたい。その日が来るのが、とても待ち遠しい。

公式SNS

9,091ファンいいね
35,471フォロワーフォロー