思考し探究する力をICTで 総合的な学習で研究を推進

子供たちがICTを有効活用し、自分なりの課題を見いだし、探究する学びを探る——。大阪市立堀江小学校(中山大嘉俊校長、児童数943人)は、パナソニック教育財団の第41回特別研究指定校に選定された。同財団の助成を得て、平成27年度からの2年間で「ICTを活用した思考力、判断力、表現力を育む授業の創造」をテーマに、実践研究に力を注いでいる。教科学習でのタブレット端末利用などが進む中で、総合的な学習で児童が主体的に取り組む協働学習を促進しようと、地域や学外連携の学びを充実させている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。