「心のふれあい」で創作 第47回JX‐ENEOS童話賞 小学以下・中学・一般の部で募集

昨年の第46回入賞作品集
昨年の第46回入賞作品集

JXホールディングス(株)は、第47回JX‐ENEOS童話賞への応募作品を5月31日まで、小学生以下・中学生・一般の各部で募集する。全国連合小学校長会、全日本中学校長会、全国市町村教育委員会連合会、全国小学校国語教育研究会、全日本中学校国語教育研究協議会が後援する。

同賞は、JXグループの社会貢献活動の一環として、毎年「心のふれあい」をテーマに、オリジナル童話を募り、優秀作品を表彰している。

応募作品は、未発表の創作童話に限る。400字詰め原稿用紙かワープロ原稿(20字×20行)で、表紙を除く5枚以内に縦書き。アマチュアで、共作・合作は不可。

郵送とインターネットの2通りで応募できる。

郵送の場合は、原稿の上に、▽郵便番号▽住所▽名前(小学生以下と中学生の部では保護者の名前を併記)▽年齢▽性別▽学年または職業(5月31日現在で)▽電話番号▽作品名▽応募の部の区分を記入した用紙を重ね、右上をホチキス留め。送付先は、〒100-8692日本郵便(株)銀座郵便局私書箱610号「JX‐ENEOS童話賞T係」

インターネットの場合は、「童話の花束」サイト(http://www.jx-group.co.jp/hanataba/)の応募フォームに、必要事項を入力して送信する。受賞作品は10月中旬に発表される予定(詳細は同サイトに)。

前年度は、小学生以下の部に1456編、中学生の部に1502編、一般の部に1万135編が寄せられた。

問い合わせは、教育新聞「JX‐ENEOS童話賞募集事務局」(プラスエム内)/℡03―6222―5251。Eメール=jxdowa@plus-m.co.jp