全国養護教諭研究大会 8月4、5日滋賀県大津市内7会場で

平成28年度全国養護教諭研究大会が8月4、5の両日、滋賀県大津市の県立芸術劇場びわこホールなど市内7会場で開催される。主題は「生きる力を育む健康教育の推進と養護教諭の役割~子供の現代的な健康課題の解決に向けて」。文科省、同県・市教委、(公財)日本学校保健会、全国養護教諭連絡協議会などが主催する。

対象は、養護教諭、学校保健関係者など。初日は午前10時から午後4時半まで、2日目は午前9時20分から正午まで。

内容は、初日には、森田洋司鳴門教育大学特任教授による記念講演「今、豊かに生きぬく力を育むために」、岩崎信子文科省初中局健康教育・食育課健康教育調査官の基調講演、「生きる力を育む健康教育の推進と養護教諭の役割」をテーマとしたシンポジウム。

2日目には、課題別研究協議会が各会場に分かれて行われる。課題は、▽保健管理▽保健室経営▽健康相談▽保健教育▽歯・口の健康づくり▽性に関する指導▽喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育▽健康・安全にかかわる危機管理――の8つ。

健康課題に対応するには、学校教育全体を通してヘルスプロモーション理念を生かした健康教育を推進していくことが重要。現代的な健康課題の解決に向けた地域社会との連携、学校保健活動の中核的役割を担う養護教諭に求められる役割などについて協議する。

問い合わせは同県教委大会事務局/℡077(528)4614。

関連記事