最先端の分子科学でシンポ 高校生対象に10月9、10日

東京理科大学で

科学者を目指す高校生を対象に、最先端の分子科学に関する講演を行うシンポジウム「MOLECULAR FRONTIERS SYMPOSIUM 2016」が10月9、10の両日、東京理科大学神楽坂キャンパスで開催される。世界各国からノーベル賞受賞者など著名な科学者が招待されている。同様のシンポジウムはスウェーデンの王立アカデミーによって運営され、世界各地で開催。日本では初となる。

日本でのテーマは「Molecules and Our Healthy Life」。科学に強い関心を持ち、シンポジウムの内容を理解し、英語で積極的にコミュニケーションできる英語力のある高校生を募集する。講演会やパネルディスカッションなどは全て英語で行われる。講演者と参加者が交流する機会も設ける。
初日の講演は、2014年にノーベル物理学賞を受賞した天野浩名古屋大学教授や、2001年にノーベル化学賞を受賞した野依良治科学技術館館長などによる。2日目は、分子科学についての講演。「微生物と人の関わりについて」(Ada Yonath、2009年ノーベル化学賞受賞)、「病気と闘う 科学と『驚きの生物学』」(Susan Lindquistマサチューセッツ工科大教授、「生死に関わるタンパク質の立体構造」(Pernilla Writtung-Stafshedeチェルマース工科大教授)などが話す。

参加申し込みについては、6月15日までに、同シンポジウムサイト(http://www.tus.ac.jp/molecular/)から事前登録。続いて、同サイトから申込書をダウンロードし、必要事項を記入して7月1日までに郵送する。募集人数は150人。応募多数の場合は抽選。事前学習課題がでる。

問い合わせは同学MF2016シンポジウム準備事務局/℡03(5228)8726。

関連記事