CLILセミナー 7月2日 東洋英和女学院大学で

東洋英和女学院大学は7月2日午後1時から5時まで、同学横浜キャンパスで「CLILセミナー」を開催する。CLIL(Content and Language Integrated Learning)について学び、日本での展開を考える。海外からこの分野の研究者や実践者が来日し、レクチャーとパネルディスカッションが行われる。

CLILは日本では「クリル」または「内容言語統合型学習」として知られ、英会話学校から小・中・高校、大学まで、多様な形で展開されるようになってきている。教科科目やテーマの内容(content)の学習と外国語(language)の学習を組み合わせた学びの総称である。

学習内容(content)の理解に重きを置き、学習者の思考や学習スキル(cognition)に焦点を当て、学習者のコミュニケーション能力(communication)の育成や、学習者の文化(culture)あるいは相互文化(Interculture)の意識を高める。

総合的な学習の一種とも考えられ、状況(context)に応じて外国語の使用や外国語学習に関して特に配慮(learning)する点も、日本での展開には重要と考えられている。

定員は300人。詳細は案内サイト(http://www.info-global.jp/files/magazine/043-01.pdf)に。