▽支援機器展示と製作でセミナー

8月23日午前10時から午後4時まで、神奈川県横須賀市の国立特別支援教育総合研究所研修棟で。同研究所が主催し、全国Kosen―ATネットワークと熊本高専(ヒューマン情報技術研究部、知能システム研究部)が共催する。支援機器等普及促進事業における教育支援機器による実践例のデモ展示と教材製作などを行う。教材製作では「ラッチ&タイマー」と「スイッチ対応学習型赤外線リモコン」を作る。前者は、スイッチの長押しや一瞬しかスイッチが押せない障害特性に対応できる。後者は、リモコン操作可能な機器を外部スイッチで操作できるもの。4種類の信号を記憶し、別々のスイッチ操作が行える。申し込みはEメール(sangaku@kumamoto-nct.ac.jp)で。

関連記事