情報モラル指導でセミナー 9月22日東京・秋葉原で

(一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)は、平成28年度情報教育対応教員研修全国セミナーとして「情報モラルセミナーin東京」を開催する。日時は9月22日午後1時から4時半まで。セミナー終了後、午後6時まで情報交換会を行う。会場は東京都千代田区の秋葉原コンベンションホール。

日本教育工学協会が共催し、文科、総務、経産各省などが後援する。広島県教科用図書販売(株)が協力する。

セミナーは、SNSなどに関連した事件が多発する今日、児童生徒が適切にインターネットやスマートフォンを使用し、情報社会と向き合うための情報モラルの指導方法を探る。

内容は、新津勝二文科省生涯学習政策局情報教育課情報教育振興室室長による「新学習指導要領に向けた教育改革の動向と情報モラル」をテーマとした基調講演。パネルディスカッションでは「日常的な情報モラル指導の実際」と題して、学校現場や教委の立場から実践に即して意見を交換。その後、堀田龍也東北大学大学院情報科学研究科教授が「これからの情報社会を生き抜く力を育てる」と題して総括講演を行う。

セミナー参加費は無料。情報交換会に参加の場合は2千円。

申し込みはウェブサイトまたはファクス(082―291―1082)で。

問い合わせは、広島県教科用図書販売(株)広島支店ITソリューション事業部=〒733―0032広島県広島市西区東観音町15―12/℡082(291)1088。