全日本特支教育研連が全国大会 10月27、28日

全日本特別支援教育研究連盟は10月27、28の両日、第55回全日本特別支援教育研究連盟全国大会青森大会を開催する。青森県青森市のリンクステーションホール青森(青森市文化会館)や同市内の小・中・高校・特別支援学校でが会場。
 
「夢や志をもち、地域とかかわり自分らしく豊かに生きる子どもたち~共生社会の形成を目指した一人一人のニーズに応じた教育の充実を図るために~」を大会主題に、分科会や授業参観などを実施する。

野澤和弘毎日新聞社論説委員が「誰もが安心して暮らせる社会をつくるために」をテーマに記念講演するほか、同県立青森第二高等養護学校の木崎達広教頭が「障害者スポーツの取り組みについて」研究を発表する。

小・中・高校での特別支援教育やキャリア教育、学校経営などをテーマにした20の分科会が予定されている。

申し込みは大会案内サイト(https://v3.apollon.nta.co.jp/zentokuren-2016/)から、9月2日までに。

大会事務局は同校/TEL017(743)4115、FAX017(743)4117。

関連記事