「わたしと教科書」作文募集 10月21日まで延長

教科書研究センター

(公財)教科書研究センターは「『わたしと教科書』作文コンクール」(後援・文科省、協賛・教育新聞社(特別協力)ほか)を実施し、作品を10月21日まで募集している。同センター創立40周年を記念するもので、対象は全国の小・中学生。

同コンクールは当初、9月30日を締切日としていたが、夏休み明けに学校などからの問い合わせが多数寄せられたため、応募期間を延長した。

作文は「わたしと教科書」を主題に、▽新しい教科書を初めて手にしたとき▽教科書を読んだとき▽もし教科書がなかったら▽未来の教科書——などで、テーマに沿っていれば内容は自由。

小学生は400字詰め原稿用紙に3枚以内。中学生は同5枚以内。

作品にはタイトルの後に、学校名、学年、性別、名前(ふりがな)を必ず記入する。個人応募の場合は原稿用紙の1枚目の右余白に、住所と電話番号を記入。学校でまとめて応募する場合は、学校の住所、電話番号、担当教諭の名前を明記した用紙を1枚封入する。

応募は郵送で。延長した締切日当日消印有効。

最優秀作の文部科学大臣賞を、小・中学生作文各1編に授与。佳作以上の各賞受賞者に賞状と副賞の図書カードが贈られる。入賞発表は来年1月、表彰式は翌2月に予定。また優秀作以上が教育新聞に掲載される。

詳細は「わたしと教科書」公式サイト(http://tbsakubun.net/)に。サイト内に募集要項と問い合わせフォームがある。

作品の郵送先=〒104—0045東京都中央区築地2—12—10、築地MFビル26号館5階、教育新聞事務局「わたしと教科書」作文コンクール係。