小中学校の環境教育で研究大会 11月18日 福島・白方小

全国小中学校環境教育研究会(会長・小山成志千葉県富里市立根木名小学校長)は11月18日午前10時20分から午後4時10分まで、福島県須賀川市白方小学校で第48回全国小中学校環境教育研究大会を開催する。

当日は、研究主題「持続可能な社会づくりのための環境教育の推進—環境教育によって育む学力と環境保全意欲」のもと、公開授業、発表などを行う。会場校の公開授業は、2年生生活科、4年生社会科、6年生総合的な学習の時間が公開される。東京都市大学の佐藤真久教授による講演「国連ESDの10年(DESD)の振り返りと今後の展望」などのプログラムも予定されている。

参加費は2千円(資料代)。

同研究会は、昭和42年に公害教育研究会として発足し、その後環境教育研究会と改名、現在はESDとして環境教育の研究と普及を進めている。

同大会事務局・東京都府中市立武蔵台小学校(野澤由美校長)=〒183—0042東京都府中市武蔵台2—3/TEL042(322)0618、FAX042(326)2880。

あなたへのお薦め

 
特集