特別支援教育で講座 12月17日 川崎市生涯学習プラザで

「現場で活かせる特別支援教育講座Vol.1 ~支援を要する子が複数いるクラスの学級経営&専門医からの助言を現場に活かす」が12月17日午後1時から4時20分まで、川崎市の川崎市生涯学習プラザで開催される。特別な支援を要する子供に特化したセミナー。「明日すぐに役立つ」がコンセプトに。

内容は、第1講座「特別な支援が必要な子が複数いるクラスをまとめていく教師の学級経営術」。指導が難しいと言われている学級をまとめていくにあたって必要とされる指導法について話される。

第2講座「専門医から学んだ特別支援理解を授業に活かす方法」。発達障害児を多くみてきた専門医からの意見を授業に活かす方法に触れる。

第3講座「『困った!』場面・トラブルを乗り切るための教師の5つの対応原則」。「困った」「どうしよう」という場面でも落ち着いて対応できる対処法が示される。

第4講座「特別支援が必要な子にも優しい授業の作り方&やりかた~国語・算数編~」。教科書を用いる日々の授業を少しでも分かりやすくし、充実させ、支援が必要な子に優しい授業をデザインしたい、といった思いに応える。国語と算数の実際の授業を通して解説する。

第5講座「支援級担任経験者が語る『特別支援が必要な子にとって必要な支援とは』」。「集団の中で個別支援を要する子に対応」する方法を学ぶ。より専門的な情報と一斉授業で使える指導法が示される。

第6講座「やんちゃくん&高学年女子を相手にうまく対応する方法」。「難しい」「苦手」と言われる「やんちゃくん」「高学年女子」への対応を学ぶ。

第7講座「支援が必要な子も楽しい盛り上がる授業」。授業は学級経営の大事なポイント。楽しい授業をすると、支援を要する子も活動に取り組むようになる。そんな授業を学ぶ。

第8講座「特別支援関係Q&A」。

定員は40人。参加費3千円。

申し込み、問い合わせはEメール=uketuke0303@yahoo.co.jp