日中韓教職員の交流図る 招へいプログラム参加者募る

(公財)ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)は、国連大学からの委託と文科省からの支援を受け、「中国政府日本教職員招へいプログラム」への参加者と、日本教職員との交流などを図る「中国・韓国教職員招へいプログラム」の受け入れ機関を募っている。両プログラムとも、国連大学の「国際教育交流事業」。

日本教職員招へいプログラムでは、中国政府教育部が日本の教職員を招き、北京、上海などで小・中・高校・特別支援学校などを視察。中国の教育施策の理解と、教職員・児童生徒との交流・意見交換などを行う。期間は5月16日から23日まで。

希望者は同センターサイト内の案内ページで詳細を確認。

一方の中国教職員招へいプログラムは今年11~12月に、韓国教職員招へいプログラムは来年1月に実施する予定。両国の初等中等教育教職員の受け入れを希望する、教育委員会、大学、私立学校などの教育機関を募っている。

詳細は案内ページに。