6月29・30日 第59回全特長研究大会 オリセンで

全国特別支援学校長会(全特長、横倉久会長)などが主催する第59回研究大会が6月29、30の両日、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催される。研究主題は「インクルーシブ教育システム構築の展望と特別支援学校の経営の在り方~次期学習指導要領改訂に向けた特別支援学校の経営課題」。

主催団体は全特長の他、全国盲学校校長会、全国聾学校校長会、全国特別支援学校知的障害教育校長会、全国特別支援学校肢体不自由教育校長会、全国特別支援学校病弱教育校長会。

初日は午前9時半からの全特長総会に続き、文科省の丸山洋司初中局特別支援教育課長による「特別支援教育の動向、施策等について」と題する行政説明、天笠茂千葉大学教育学部特任教授による「特別支援学校におけるカリキュラム・マネジメントについて」をテーマにした特別講演などが行われる。2日目は午前9時から、主催各団体による総会と研究協議などが行われる。両日とも終了は午後5時。

参加申し込みなど詳細は全特長サイトの案内ページから。